2017

12月

 

歯周病予防してインフルエンザも予防にしよう

鼻から喉にかけての、粘膜はたんぱく質に覆われているために、インフルエンザウイルスはなかなかくっつくことができません。ところが歯周病菌が出すプロテアーゼという酵素が、たんぱく質の膜を破壊して、ウイルスがくっつき、細胞内に侵入できるようになるのです。

歯周病を予防することにより、インフルエンザにかかりにくくなることができるかもしれません。

また歯周病と認知症の関係についての研究もあります。

お口は健康の入り口です。定期的に専門的なクリーニングすることをお勧めします。 

 

           

11月

 

家庭での子供の虫歯予防ポイント

★  ポイント1 仕上げ磨きをしましょう 

生えて間もない永久歯は歯の質も弱いので一般的に8~9歳頃まで行ったほうが良いでしょう

 ★ポイント2  食事のとり方を考えましょう 

むし歯の3つの要素「歯の質」「糖質」「細菌」が重なった状態が長く続くとむし歯になりやすいです。

 ★ポイント3 食事やおやつの回数に注意しましょう

お口の中は普段は中性ですが、食事の時間が長かったり、 間食が多いと酸性になる時間が増え、むし歯になりやすくなりますおやつの時間を決めましょう

 

 虫歯予防について、個人個人にあった方法を提案します。お気軽にご相談ください

 

 

9

歯が抜けたまま放置すると・・・歯を失った時「一本くらい無くても・・・」と思うかもしれませんが、歯は一本一本が大切です。
歯を抜いたまま放置すると① 抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる
② 抜けた歯と咬み合っていた歯が動く
③ さらにその咬み合っていた歯の両隣の歯が動く

このように咬み合わせにまで影響が出てくると、治療も難しくなり治療期間や費用が余計にかかってしまいます。抜けたまま放置しないで、治療を受けましょう!

 

8

名医は歯を削らない! =ある本のタイトルです

虫歯を放置して、神経の近くまで進行してしまった場合、虫歯菌を全部とると、

神経の治療が必要になってしまうことがあります。

= ご安心下さい! =
神経に近い虫歯でも、セメント(お薬)の効果により虫歯で溶けた歯を硬くさせる(再石灰化)作用で、虫歯の進行を止める方法がありますこの方法だと、歯を削るのが少なくてすみます治療方法が、選択できるか 成功するかどうかは、個人差があります。患者様が納得されてから治療いたします
               どうぞお気軽にご相談ください

 

7月

電動歯ブラシってよいですか? ・・・・・・・・使ってみたい方が、最近増えています

★むし歯・歯周病の予防は、きちんと汚れ(プラーク)を取り除くことです
★ご提案します。いつもの手磨き+電動歯ブラシ
洋服を選ぶスタイリストのように
あなたに合った電動ブラシを歯科医師・衛生士が選んで処方いたします
お気軽にご相談ください

 

6

 むし歯予防の4つのポイント=健康な子育てヒントむし歯予防は「お子さまの健康の向上と」関係があります
 虫歯が多いと、食べることに問題が生じ、結果的に健康状態に影響を及ぼすことがあります 
             定期健診でお口と体の健康  をチェックしましょう

 ①食べて、活動して、睡眠・休息といった生活のリズムを整える  ②甘いものに偏らず、何でも食べられる食生活  ③よく噛んで食べる ④食べた後には歯みがきわかっているが。
 大変ですよねどうしたら、みがかせてくれるの?
 ぜひ健診にいらしてください。一緒に考えましょう

 

5

唾液の機能 作用・・・・ご存知ですか?
Q.人は一日にどれくらいの唾液がでると思いますか?  答え下記に

お口の乾燥 抗菌 歯の石灰化 入れ歯の安定 粘膜保護 消化酵素「むせるようになった」「お口が渇くようになった」と感じた方は唾液の量が低下しているのかもしれません。
薬の副作用、口呼吸、ストレス、刺激の多い食品の飲食、寝不足、疲労過労などで唾液が少なくなることがあります。

 日ごろから唾液腺マッサージしてみてください、お気軽にご相談ください・・・・・・・答え1~1.5

 

4

歯間ブラシはいつすればよいのですか?
歯ブラシの前 後どっち?
歯ブラシを先にするのがよいという考え
 →最後に歯間ブラシをすることにより、磨き残しを確認でできるので、
  歯間ブラシをすると  いう動機付けになる
歯ブラシの前にするのがよいという考え
 →先に歯間部をきれいにすることにより、フッ素入り歯磨剤を使う場合,
  歯と歯の間に浸透しやすくなるため
どちらがよいか、お口の状態を拝見させていただいて、適切なアドバイスをします。
お気軽にお尋ねください


1

 

インフルエンザと歯磨きの関係        

インフルエンザが流行する季節となりました。予防に皆さんは
どんなことをしていらっしゃいますか?
うがい、手洗い、・・それから・・  歯磨き?

最近では、歯磨きがインフルエンザ予防に有効だというデータがあります。
インフルエンザが増殖するにはプロテアーゼという酵素が関与します。
口の中の細菌には、この酵素を出す特性があるのです!

したがって、プロテアーゼ酵素を出さないように、歯ブラシをきちんとして
お口の中の菌を減らすことがインフルエンザの予防に繋がるというわけです。
歯磨きでインフルエンザの季節も元気に過ごしましょう!